メインビジュアル

長久保宿本陣(石合家):町指定文化財(歴史・文化)

MAP

HOME

  • 信州長和町 奨励品
長和町の花 つつじ
長和町イメージキャラクター なっちゃん

長久保宿本陣(石合家):町指定文化財


長久保宿(ながくぼじゅく)「繁栄偲ぶ L字の町並み」

 

長久保宿(長窪宿)は、慶長七年(1602)の中山道制定にともない、真田氏の配下で、本陣・問屋を勤めた石合氏、問屋を勤めた小林氏が中核となり、当初は現在の位置より西下の依田川沿いに宿場が設けられました。
しかし、大洪水により宿場が流失したため、寛永八年(1631)以降に現在地に移り、本陣・問屋を中心に東西方向に「竪町」が形成され、後に宿場が賑わうにつれ、南北方向に「横町」が形成されていき、特異なL字型の町並みとなりました。
寛政(1789)以降、四十軒前後の旅籠屋があり、中山道信濃二十六宿のなかでは、塩尻宿に次ぐ数を誇りました。
その要因としては、宿場の前後に笠取峠、和田峠の難所を控えていたことや、大門道、大内道、北国街道へ接する交通の要衝に位置していたこと、温泉場の下諏訪宿に宿泊した場合、日程的に好都合だったことが上げられます。
明治時代になっても宿場の賑わいは続きますが、幹線道路と鉄道が整備されると、しだいに中山道の交通量が減り、農村へと姿を変えていきました。
上図の浮世絵は「木曾街道六拾九次 長久保」 作者は歌川広重です。


  • 長久保宿本陣(石合家):町指定文化財-3
    • 長久保宿本陣(石合家):町指定文化財

    • 江戸時代を通じて本陣と問屋を勤め、四代当主のもとには真田信繁(幸村)の娘が嫁いでいます。
      現存する遺構としては、大名・公家などの賓客が使用した「御殿」と、幕末に構築された表門(薬医門)があります。
      御殿は、腰高障子や欄間、書院造りの意匠細部の様式から、17世紀後半の構築と推定され、中山道中では、最古の本陣遺構であるといわれています。

  • 釜鳴屋(竹内家):町指定文化財-4
    • 釜鳴屋(竹内家):町指定文化財

    • 江戸時代初期の17世紀中頃より、酒造業と醤油の醸造を手がけ、宿場の役職も兼ねていました。
      母屋の端部には、妻壁を高く突出させ小屋根をつけた「本うだつ」がみられ、内部の天井吹き抜けは、太い柱や豪快な梁組みにより圧倒されます。
      構築年代は詳らかではありませんが、玄関先の最も古い、享保十六年(1731)の祈祷札に打ち替えた跡がなかったことから、これ以前に建てられていたものと考えられ、長野県内では最も古い町屋建築であるといわれています。

  • 長久保宿歴史資料館 一福処 濱屋 (いっぷくどころ はまや)-5
    長久保宿歴史資料館 一福処 濱屋 (いっぷくどころ はまや)-6
    長久保宿歴史資料館 一福処 濱屋 (いっぷくどころ はまや)-7
    • 長久保宿歴史資料館 一福処 濱屋 (いっぷくどころ はまや)

    • 明治時代初期の旅籠建築で、「出梁造り」が特徴的な総二階建ての大きな建物です。
      宿場を訪れる方の休憩処として、また、宿場関連資料の展示の場として一般公開しています。

  • 長久保甚句:町指定無形文化財-8
    • 長久保甚句:町指定無形文化財

    • 江戸時代後期の天保十四年(1843)には、長久保宿には43軒もの旅籠があって、宴席で唄われた甚句は、助郷村の若者や、峠路を越す馬子らに愛唱されてきました。

      〜長い長久保 板屋根づくり かわら(瓦)ないからきておくれ 若葉がくれに 浅間が見える 笠取越へ行く 馬子の唄〜
      今日では、地元の保存会により伝承されています。

長久保宿本陣(石合家):町指定文化財 についての情報

住所 〒386-0602長野県小県郡長和町長久保589
見ごろ時季
営業時間
お問い合わせ電話番号 0268-41-6123
お問い合わせメールアドレス kyoiku@town.naga
担当部署 長和町教育委員会 文化財係
担当者 勝見 譲
専用サイトURL
▲ ページのトップに戻る